読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

速さが足りない

プログラミングとか、設計とか、ゲームとかいろいろ雑記。

記事を書くのが時間がかかって大変である

雑記

はい、タイトル通りです。

そもそもですが、転職活動を機にせっかくなのではてなブログを始めました。
技術以外にもゲームをやってて、チラシの裏的な個人の想いを載せたいなぁ、と思う事は今まで多々あったので細々と色んな雑記を書き続けていきたいなと思います。
あとは今までどこかに書いた記事たちの移植したい!
くらいの気持ちでブログを始めた訳です。


さて、「記事を書くのが時間がかかって大変」についてです。
まあ自分でも分かりきっているのですが、要するに文章が冗長なんですよね。
文脈から得られること、暗黙の了解なこと、他にも例であったりが多くて冗長だなと書きながら思ってます。
そして1日で書ききれなく、日をまたぐと筆が止まります。まあ筆ではなくキーパンチですが・・・w
で、ブログ書くのめんどくさい!大変!となる訳ですね。
今は転職活動という「とても!!!強い動機」があるので上手く稼働していますが、この活動が終わった際に今までと同じように途中で投げないで続けられるかについて考えてみました。


この冗長さは必要なんでしょうか。
よく技術系のブログは見るのですが、特に使い方を説明しているサイトでは説明が足りない!と思いませんか?
つまりチュートリアル的なところで終わっている点です。
これは例えば「ruby言語」のチュートリアル的な意味ではなく、「ruby言語の機能の1つであるmoduleをincludeする機能」のチュートリアル的な意味です。
frameworkだと特にありがちですが、公式のリファレンスを読んでいたり使った事がある程度なら「うん、知ってる」で終わってしまう内容ですよね。
知りたいのはその機能を使うべき状況であったり詳細であったり、前後の文脈であったりするわけです。
そう考えると、冗長さも含めて詳細な記事を書きたいのか、チュートリアル記事を書きたいか、に影響を受けそうです。


次に、冗長さを必要としている人・していない人ですかね。
つまり冗長さを必要としているのは詳細なことを知りたい技術者であり、必要ない人はチュートリアルを知りたい人が大半です。
どちらにもメリット・デメリットがありますよね。
例えば技術ブログに入門的な記事が多いのはPVを稼ぎやすいというメリット、詳細なテクノロジについてのブログは有識者で意見交換できる等
ですかね。ブログがどちらの方向を目指すか、という訳ですね。


まあここまで見ると短い記事たくさんあるブログにしとけば?って思いますが別にPV等は不要なので、もっと詳細な内容を書きたいと思ってしまう訳です。まあそうなると途中で飽きて元の木阿弥になる訳なんですがどうしたらいいんでしょう。
腰は結構重いので、LINEやメールなどでブログ早く書いて!!と言われても書かない気がしますね・・・。
うーん。skypeでみんなでブログ書こう通話でもあれば書くかな?これはいいアイディアな気がしてた! ※
この関係で何かいいネタにならないか考えてみる事にしましょう。

何かいいネタがあったら続きます、きっと。


※ちなみに元ネタはみんなでskypeしながらMMORPGのFF14しよう通話。もちろんFF14で一緒のコンテンツで遊んでいない状態。